奈良県全域 |

子連れ旅行の荷造りのコツ

夏真っ盛りですね。

お盆休みに帰省されたり、旅行に行かれたりする方も多いのでは?
子連れの旅となると、荷物も多くなりがちです。
忘れ物や持っていったのに使わなかったりなどがないようにするコツをお伝えします。

①持っていくものリストを作成する
リストを作成するときに、人別・場所別で書き出すと忘れ物を防ぐことができます。
その際にバッグを4つに分けると便利です。
パパ・ママ・2歳のお子さん・0歳のお子さんのご家族を例にしてみましょう。

【スーツケースへ入れるもの】
パパ→パンツ、パジャマ、入浴用タオル、翌朝の洋服、洗面用タオル、ヘアケア用品、コンタクト、眼鏡、眼鏡ケース、歯ブラシ

ママ→パンツ、ブラ、パジャマ、入浴用タオル、翌朝の洋服、洗面用タオル、旅先で洗濯する場合は洗剤、ヘアケア用品、化粧品、アクセサリー、コンタクト、眼鏡、眼鏡ケース、歯ブラシなど

2歳のお子さん→パンツ(オムツ)、パジャマ、入浴用タオル、翌朝の洋服、洗面用タオル、おやつ予備、歯ブラシなど

0歳のお子さん→パンツ(オムツ)、パジャマ、入浴用タオル、翌朝の洋服、おしゃぶり予備、おやつ予備、歯ブラシなど

2泊以上する場合は、×2×3などでリストを増やしてください。

【プールバッグ】
パパ→プール用タオル、水中眼鏡、水着、ビニール袋、プール用コインケース、お茶

ママ→プール用タオル、水中眼鏡、水着、ビニール袋、強力日焼け止め、プール用コインケース、レジャーシート、お茶

お子様→プール用タオル、水中眼鏡、水着、浮き輪、ビニール袋、プール用オムツ、おやつ、お茶

【手持ちバッグ大】
(リュックやトートバッグなど、移動時に使え、さっと取り出せると便利なものを入れておく)→お子さんの着替えとオムツ一式・哺乳瓶やミルク関係一式、おもちゃ、タオル、ビニール袋、保険証、おやつ、抱っこ紐、その他手持ちで必要なもの

【手持ちバッグ小】
(お子さんとアスレチックや公園で遊ぶときにも小さいショルダーバッグやボディバッグだと邪魔にならない)→お財布、ハンカチ、ティッシュ、リップ、常備薬、絆創膏、扇子、帽子、お茶、おやつ、日常用日焼け止め、携帯電話、旅のスケジュールなどのメモやガイドブックなど

②パッキングの順番
【手持ちバッグ小】
日常生活に影響のないスーツケースからパッキングをはじめます。
ヘアケア用品、化粧品、アクセサリー、コンタクト、眼鏡、眼鏡ケース、歯ブラシなど直前まで使うものは付箋に書いてスーツケースなどに貼っておきましょう。手持ちバッグ大・小は前日に用意しておくと安心です。

チェックリストを作成することで、ご主人にも手伝ってもらいやすくなります。
チェックリストの作成時にもご夫婦で話し合うと、旅行の流れが共有できるので、バタバタせずゆとりをもって楽しめますよね。
旅の様子が連想できるマインドマップを活用するのもおすすめです。

上手にリスト化&パッキングして夏の旅を快適に楽しんでくださいね。



古角みほこ(ふるすみ みほこ)
office totonou
ライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー・看護師
個人宅の片づけサポート・メンタルと暮らしのセミナー開催中

ブログ・HPアドレス
http://ouchitotonou.com

通信に失敗しました。通信環境の良いところで再度操作をお願いいたします。メッセージが繰り返し表示される場合は、恐れ入りますがしばらく時間を置くか、アプリを再起動してから、もう一度操作をお願いいたします。